スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Puff~Puff the magic dorin~ Story (-^〇^-)


ここは

おとぎの国の島
ホナリー島

この島の 洞窟に

魔法の 竜
Puff(パフ)が 暮らしていた

或る日、パフの元に
リトル・ジャッキーペーパー少年が やって来た

ふたりは すぐに
仲良しになった


初秋の海には
霧が かかる……

パフと ジャッキー少年は
毎日 毎日 仲良く
ふざけたり、ジャッキーの持って来た
オモチャで 遊んだ


船に 乗って
旅をした事もあった

パフの
大きな しっぽには
ジャッキーがいた

二人でいると
コワイものなしだった

パフと ジャッキーに 会うと

王様だって 挨拶をした。

海賊は 船に 旗を降ろした。


けれども………。

歳を とらない
魔法の竜 パフとは
違い……。


ジャッキーは
いつしか 大人に なって行った


そして、とうとう
別れの時は来た……


或る日を境に

ジャッキーは
遊びに 来なくなった……。

淋しくて
パフは 泣いた。

緑色の鱗は、雨のように 剥がれ落ち

ふたりで 行った
思い出のあの桜の道にも
散歩に行かなくなってしまった…


パフは
ジャッキーを
待って 待って 待って………。

そして………。

頭を 垂れて

祠に 帰って行った…。

今では
勇ましかった あの姿は なく

勇敢な 鳴き声も
聞こえて来なくなった……。

パフ

魔法の 竜が

暮らしていたんだ

海に 秋の霧がかかる

ホナリーの島に…。

……… これが
パフの 歌詞のもとになった

お話です

誰の 心にも

魔法の ドラゴン
パフは います

ジャッキー少年も
います

だからこそ
涙が 溢れ出る
不朽の名曲と なったのでしょうね
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。