スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨイトマケのうた

昨年の紅白で、一番反響が大きかったという
『ヨイトマケのうた』

三輪(丸山)明宏さんが、実体験を元に作詞・作曲を手掛けられ、唄われた曲です。

長く、難しい歌… 暗い悲しい歌…
というイメージが、私の中にありました。

それは間違いと気づきました!!

きちんと聴けば聴くほど懐かしく、歌の歌詞を読めば読むほど、涙が出る…。

誰にだって、お母さんは、いるだろう…。
優しいお母さん、ちょっと頑固なお母さん、厳格なお母さん、それから何かの事情で離れて暮らしたお母さん、残念ながら早くに亡くなられたお母さん……。

人によって、お母さんとの関係も様々だが、誰にでも自分を産んでくれた、お母さんがいる。

お母さんを心配させたり、泣かせてしまった事も、きっと誰にもある事だろう…。
母ちゃんを思って歌った、この歌…。

いつか歌えるように、表現出来るように頑張ります
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。