スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕方からリハーサル(⌒~⌒)

先日のblogに書いた『すみれの花咲く頃』
は、実は宝塚歌劇団の正式団歌では、ないそうです

同歌劇団の
『パリ・ゼット』
という演劇の主題歌として使われたそうですが…。
ずっと、宝塚歌劇団の象徴として歌われている曲ですね

すみれの花の
【花言葉】が
《 謙虚、誠実
つつましさ
小さなしあわせ》だそうなのです

『すみれの花咲く頃』
が象徴となったのは、この 花言葉の意味にもあるのかも

昔…。
歌の お師匠様に よく言われた…。

「とかく 音楽などでステージに立たせて貰う者は、自分が偉いなどと勘違いをしちゃ いけないよ。
ステージや お客様の前に立たせて貰うのは あくまで演奏上、演技上の都合であって、自分が偉いからでは、ないんだよ。
それを 忘れずにいなさい。」
と言われた事を 思い出します

今日は、その気持ちを忘れずに リハーサルに入れさせて頂きます
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。